top of page
  • cdc international

船舶向け遠隔管理システムの最新事例:琴月に新たな設置が完了(その15)

更新日:4月10日

弊社では、内航船の安全運航をサポートするため、船舶向け遠隔管理システムを提供しています。実証段階よりご協力を頂いてきた明港汽船(株)では、このシステムによって各船に2台のカメラを導入し、①船舶用ドライブレコーダーとして、②積荷の監視用としてご活用頂いています。これらの映像は、他の船の映像とともに明港汽船様の本社で一括管理されています(一括管理の設定も弊社で対応致します)。



2024年4月3日に、同社14隻目となる「琴月」への遠隔管理システム設置が完了しました。今回の設置では、新たな取り付け担当の方に入ってい頂きましたが、事前に設置方法について共有されていたので、3時間45分ほどで、スムーズに設置が完了しました!

弊社にはこれまでの設置ノウハウが蓄積されておりますので、初めてご利用をされる方もご安心ください!


また、今後は船舶の帆柱への360度撮影が可能なパノラマカメラの後付け設置についても検討していきます。



弊社は新造船における設置だけでなく、後付け(レトロフィット)にも対応しています。


また、設置後のアフターサポートもしっかり対応させて頂きます。船舶用ドライブレコーダーや遠隔管理システムに興味をお持ちでしたら、お気軽にお問い合わせください!


最新の技術で船舶の安全性と管理効率を向上させるお手伝いを致します。




閲覧数:136回0件のコメント

Comments


bottom of page