top of page
  • cdc international

船舶向け遠隔管理システムの最新事例:パノラマカメラの下見と、追加カメラの設置完了!(その16)

弊社では、内航船の安全運航をサポートするため、船舶向け遠隔管理システムを提供しています。実証段階よりご協力を頂いてきた明港汽船(株)では、このシステムによって各船舶に2台のカメラを導入し、①船舶用ドライブレコーダー、②積荷の監視用として活用頂いています。これらの映像は、他船舶の映像とともに明港汽船(株)本社で一括管理されています(一括管理の設定も弊社で対応致します)。



2024年4月12日に、360度パノラマカメラの設置について既に設置している他船への下見と、下記に記載する小型フェリー船への設置についての下見を行いました。パノラマカメラはどのように付けられているのか、どう付けるか、どこを通せば船内にケーブルを通せるかということを確認し、いずれも対応できそうだという事が分かりました。



翌週2024年4月19日に、既に遠隔管理システムを設置している小型フェリー船に、追加カメラとして「後方カメラ」「防犯用途の昇降口カメラ」の2台を設置しました。

これらの設置では、屋外からブリッジに向けて天井裏の配線をしなければならず、かつ⑤に示す写真のように配線できるスペースも非常に狭く、大変困難な作業となりましたが最終的に無事全てのカメラを設置することができました!



遠隔管理システムは新造船における設置だけでなく、後付け(レトロフィット)にも対応しております。弊社にはこれまでの多様な船舶への設置ノウハウが蓄積されており、また設置後のアフターサポートもしっかり対応させて頂きますので、初めて設置される方々にも安心してご利用頂けます。



船舶用ドライブレコーダーや遠隔管理システムに興味をお持ちでしたら、お気軽にお問い合わせください!最新の技術で船舶の安全性と管理効率を向上させるお手伝いを致します。




閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page