top of page
  • cdc international

ITソリューション:内航船の運航安全管理システム導入実証事業(その9、その10)

弊社は2023年3月より、船舶用カメラシステム(『運航安全管理システム』)の実証実験を明光汽船(株)と共に進めております。運航安全管理システムは、船内にカメラを設置することで、船舶用ドライブレコーダーとしての用途のほか、モニターから積荷状況やエンジンルームの監視及び管理が可能です。これらの映像は船外の、例えば会社の本部などで集中管理ができ、安全管理、生産性向上に繋げることができます。


2023年12月2日に、今治にある山中造船(株)にて造船された『希絆(きずな)』に、翌3日には『第八そうほう丸』に『運航安全管理システム』を設置しました。新造船へのシステム設置は今回が初めてです。

『希絆』ではお客様からのご要望により、プリンターの設置、ノートPCへのMicrosoft Officeのアプリケーションのインストールを行いました。これから船内でどのようにIT化が行われるのか非常に楽しみです。

『第八そうほう丸』では12月10日に出航前の電源投入を行います。


これからも船の安全運航の一助になる『運航安全管理システム』を構築してまいります。運航安全管理システムについてご質問等がございましたら、弊社HPよりお気軽にお問い合わせください。



閲覧数:265回0件のコメント

Comments


bottom of page